ニュース

    1: 風吹けば名無し 2021/04/11(日) 16:13:07.20 ID:PL+geujs0
    「天ぷらの衣をはがした客を店側が強制退店」これってマナー違反? それとも店側のやりすぎ?

    “衣はがし”は「我々に対する侮辱です」

    【“天ぷらの衣はがし”騒動】

    ①投稿者は天ぷら店で女性たちと合コンをしていた
    ②そこで、女性たちが天ぷらの衣をはがして食べ始めた
    ③その様子を見た店主がテーブルに近づき「お客様、失礼ですがご退席を願います」「あなた方の行為は我々に対する侮辱です。
    当店が自信と誇りを持って提供する天ぷらをこのようにして食すことを我々は望んでいません」「代金は結構ですので、ご退席して
    ください」と伝えてきたという
    ④半ば強引に店から追いやられ、合コンは中止になった

    合コンを企画した男性は「合コンを台無しにされた」と腹を立てていた

    https://www.fnn.jp/articles/-/1742
    no title

    【「店で揚げ物の衣剥がして食うのはマナー違反だろ」→店側が強制退店させて話題に】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/04/10(土) 20:27:08.81 ID:cOKa9p2x0
    人手不足が深刻さを増す中、従業員の負担軽減につなげようと、大手牛丼チェーンの「吉野家ホールディングス」は、およそ4割の店舗を客が料理を自分で運ぶセルフサービス方式に切り替えることになりました。

    吉野家ホールディングスは、ことし8月までの中間決算を5日発表し、コメなどの原材料費の高騰や人手不足に伴う人件費の増加で8億5000万円の最終赤字になりました。中間決算での最終赤字は8年ぶりです。

    こうした中、河村泰貴社長は記者会見で、吉野家の店舗の4割に当たるおよそ500店について来年から5年かけて、客がレジで注文をして自分で料理を運ぶセルフサービス方式の店舗に切り替える方針を明らかにしました。

    吉野家では、これまで一部の店舗にセルフ方式を導入して検証したところ従業員の歩数が4割減るなど負担の軽減につながったほか、従来よりも客席を広くしたことで売り上げも増加したということです。

    河村社長は「5年、10年先を見据え、おいしい牛丼を提供するだけでなく、ゆったりと食事を楽しんでいただくことで競争に勝ち抜いていきたい」と述べました。

    ソース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181005/k10011660381000.html

    【【悲報】吉野家 店舗の4割をセルフ方式に…】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/04/09(金) 20:13:00.76 ID:Tk/POUav0
    bbcより

    5: 風吹けば名無し 2021/04/09(金) 20:14:24.61 ID:uYqweHAhM
    マジじゃねーか
    no title

    【【悲報】エリザベス女王の夫、フィリップ殿下、亡くなる】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/04/07(水) 13:57:54.53 ID:1GnfrJIg0
    短時間労働者の賃金統計 大学教授や医師らの追加で時給が急上昇 
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/96256

    no title

    【【悲報】国「バイトの平均時給、300円も上げたで!!!!すごいやろ!😄」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/04/07(水) 12:12:58.80 ID:SXBCgalYM
    漫画村、元運営者に4年6月求刑
    海賊版サイト、著作権法違反罪

    2021/4/7 11:23 (JST)
    ?一般社団法人共同通信社

     人気漫画をインターネット上に無断で公開した海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)を巡る著作権法違反事件で、
    同法違反と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の罪に問われた元運営者星野路実被告(29)の公判が7日、福岡地裁であり、
    検察側は懲役4年6月、罰金1千万円、追徴金約6千万円を求刑した。

     起訴状によると、2017年5月、集英社の人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」と「キングダム」の画像をサーバーに保存し無断でネット公開。
    16年12月~17年11月には、漫画村運営で得た広告収入約6200万円を自身が管理する海外口座などに入金させ、犯罪収益を隠したとしている。

    https://this.kiji.is/752353419267637248
    no title

    【漫画村運営、懲役4年6か月wwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/04/06(火) 17:08:00.05 ID:bN+JvvV00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dab2a8150e5d01b69c7da6b00c155420a733fc91
     神奈川県鎌倉市の路上で18歳の少年が刺殺された事件は3日で発生から1週間となった。少年らが大音量で走行する車に注意したことが事件の発端とされるが、殺害に至った経緯には謎も残る。神奈川県警は少年と一緒にいた友人の目撃証言などから、現場から3人組の男が逃走したとみて捜査している。

     事件は3月27日午前4時ごろ、鎌倉市笛田1丁目の路上で発生。県警によると、少年は左脇1カ所と背中2カ所を刃物で刺され、約1時間半後に搬送先の病院で死亡が確認された。左脇の刺し傷は心臓に達しており、死因は心臓の損傷による失血死だった。

     少年はほぼ即死とみられ、捜査幹部は「強い殺意がうかがえる」と指摘する。少年と一緒にいた友人(18)にけがはなかった。
    no title

    【【悲報】神奈川で騒音注意してきた18歳をメッタ刺しにして殺害した犯人3人組、まだ捕まらない】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/04/05(月) 16:06:51.22 ID:UShwHUV/0
    中学を卒業した女子生徒:
    体操服を着ている時に、ボーダーとか柄が付いてるのを着てる子は、透けてるから気をつけたほうがいいよ、みたいなのはありました。(ほかの学校では)下着の色を先生がチェックするとかは聞いたことあります

    福岡市内の中学校を、2021年3月に卒業した女子生徒。
    学校生活を送る中で「おかしい」と感じていたのは、「校則」について。

    中学を卒業した女子生徒:
    耳の下で結ばなきゃいけなくて、髪も「うなじが見えると男子が騒ぐから」みたいな理由で耳の下で結ぶ。本当に意味がわからないと思った


    福岡市弁護士会 会見(2020年12月):
    現在、全国的にも校則見直しの機運が高まっていることから、当会でも校則の実態を調査することとなりました

    2020年、福岡県弁護士会が行った市立中学の校則調査。
    生徒や保護者などから聞かれたのは、いまだに存在する理不尽な校則や指導の数々だった。
    特に不満の声が上がっていたのは「下着の規制」。
    生徒や保護者に聞き取りをした結果。

    「廊下に1列に並ばされて、シャツの胸を開けて下着をチェックされる」

    「男女一緒の体育館で下着の色をチェックされる」

    no title


    下着の色を男性教師に指摘された女子生徒が不登校になった事例もあるという。
    下着規制に違反した生徒は、学校で下着を脱がされるというケースもあった。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19971308/

    【【福岡】男性教師「下着チェックする。1列に並んで胸元を開け!」違反し下着を脱がされる生徒も】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/04/04(日) 11:19:58.02 ID:Ih6oPm4Id0404
    後部座席からサイドブレーキ引き3人大けが、傷害容疑で男逮捕

    香川県さぬき市で、知人が運転する車の後部座席に乗り、走行中にサイドブレーキを引いて3人が大けがをする
    正面衝突事故を起こさせたとして、46歳の男が逮捕されました。

    傷害の疑いで逮捕されたのは、香川県東かがわ市で自動車の改造を手掛ける会社を経営する脇重泰容疑者(46)です。

    今年4月7日の午後9時頃、香川県さぬき市の国道で、知人の36歳の男性が運転する軽ワゴン車の後部座席に乗り、
    走行中に突然サイドブレーキを引いて車をスリップさせ、乗用車と正面衝突する事故を起こして、双方の車の男性3人に
    大けがをさせた疑いが持たれています。脇容疑者も大けがをしました。

    脇容疑者は、酒に酔っていて、警察の調べに対し、容疑を認めているということです。

    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3388196.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    【彡(゚)(゚)「(こいつのんきに運転しとるけど、いきなりサイドブレーキ引いたったらどうなるやろ)」】の続きを読む

    このページのトップヘ